最新のテクノロジーで精密部品の未来を創造します。

代表取締役 川西俊也

昭和45年の会社設立以来、工作機械の部品製作からスタートした当社は省力化機械の部品加工、さらには量産から少ロット生産への転換をはかり、時代のニーズに沿った製品作りを目標に、あらゆる分野の機械部品を制作してまいりました。
当社では、あえて特定の部品・素材に特化することはせず、あらゆる素材の機械加工と加工用の治具製作を行っております。
柔軟な対応と高い技術力で安定した製品精度をご提供し、お得意様各位に高く評価をしていただき、信頼関係を築いてまいりました。
また、生産システムや工場の簡素化を計る一方、協力会社との融合をはかりながら、設計・製作・品質管理の徹底を充実させ、より精密で完成度の高い製品づくりを目指して、あらゆる分野へ貫献できるよう日々邁進しています。

代表取締役 川西俊也

会社概要

商標 有限会社川西製作所
創業 昭和45年
所在地 〒580-0005
大阪府松原市別所4丁目4-7
TEL/FAX 072-333-6301 / 072-333-6160
メールアドレス info@kawanishi-ss.co.jp
資本金 1,000万円
役員 代表/川西 俊也
取引銀行 三菱UFJ銀行 生野支店
りそな銀行 天美出張所

アクセスマップ

会社沿革

1970年
(昭和45年)
川西正直により大阪市生野区に川西製作所を創業
1974年
(昭和49年)
柏田に工場移転
1977年
(昭和52年)
事業拡大のため、平野区に移転
1981年
(昭和56年)
有限会社川西製作所を設立(資本金300万円)
1982年
(昭和57年)
社内で初のNC旋盤(森精機 TL500)を導入
1986年
(昭和61年)
事業拡大のため、衣摺に移転
1989年
(平成元年)
社内で初のマシニングセンター(OKK PCV50)を導入
1999年
(平成11年)
事業拡大のため、大阪府松原市大堀に移転
2012年
(平成24年) 5月
川西俊也が代表取締役社長に就任、川西正直が代表取締役会長に就任
同年
9月
資本金を1,000万円に増資
2013年
(平成25年) 3月
社内で初の複合機(森精機 NLX3000Y700)を導入
2015年
(平成27年) 12月
事業拡大のため工場を増築
2016年
(平成28年) 6月
工場検査場を新設、三次元測定機、画像測定器を導入
2017年
(平成29年) 12月
20角ターレット/バーフィーダー搭載の複合機(森精機 NLX2000)を導入
2018年
(平成30年) 3月
ベトナムでの加工事業開始
2020
(令和2年) 11月
CAD/CAMソフト、3Dプリンター導入
2022
(令和4年) 8月
事業拡大のため松原市別所に工場を移転
2023
(令和5年) 8月
15基パレットチェンジャー/180本ツールマガジン搭載の横型マシニングセンター(松浦機械H.Plus300)を導入